タグ別アーカイブ: 猫

猫の病気で多いのは?

猫の病気で多いのは泌尿器系の病気だと言われております。その何でも特に多いのが尿結石(泌尿器症候群)です。

これは、膀胱炎や腎臓病などに繋がるだけでなく、症状が重いと数日で死に至ることもあります。

猫は少量の水を飲み、濃縮された尿を排出します。この濃縮された尿は、細菌の繁殖を防ぐ力が強い反面、結石を作りやすいのです。

症状としては、尿の回数が多くなりますが、出が悪くなったり、まったく出なくなったりします。

そして、尿の色は益々濃くなり、時には血尿が出ます。激痛を伴うため、排尿時に呻き声をあげることもあります。膀胱に尿が溜まって下腹部が膨れ、食欲不振になります。尿がまったく出なくなると、数日で死亡してしまうこともあります。

治療方法は、切開手術で尿道に詰まっている石を取り除くか、症状によっては結石を溶かす薬で対応することになります。

予防法としては、食事の偏りを避けてマグネシウムの少ない餌を与え、常に新鮮な水を用意することです。また、日頃から十分な運動をさせてストレスを解消することも大切です。これによって、交感神経を活性化され、結石の出来にくい弱酸性~酸性の尿が排出されることに繋がるからです。

「ブロリコ・ペット」は愛犬・愛猫の【免疫力の維持】をサポートします。

広告