カテゴリー別アーカイブ: 育毛

30代~50代の壮年性脱毛症の原因と治療

壮年性脱毛症は、30代から50代の薄毛または抜け毛のことを言います。

壮年性脱毛症は、30代~50代の脱毛症の総称であって、何か特別な病気の名前ではありませんが、一般的には、遺伝性の薄毛であるAGA(男性型脱毛症)のことを指すことが多いようです。

壮年性脱毛症の原因は、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの影響で毛根が委縮することによるものとされております。

人間の毛髪は約10万本あるといわれおり、それぞれの毛髪は、成長期・退行期・休止期のサイクルを繰り返しています。

このサイクルを毛周期(ヘアサイクル)と言い、普通は4~6年程度で一周します。

しかし、壮年性脱毛症になると、毛周期(ヘアサイクル)の成長期が短くなり、休止期が長くなってしまいます。

成長期が短くなることによって、髪が太く長く成長できなくなるため、髪は細くなっていきます。また、休止期が長くなるとことによって、髪がなかなか生えてこなくなります。

そのため、急に薄毛になるのではなく、徐々に時間をかけて薄毛か進行して行き、気が付いた時には、毛髪の密度が薄くなりハゲが目立つようになるのです。

壮年性脱毛症の治療は、AGA(男性型脱毛症)の専門病院やクリニックなどで受けることが出来ます。

一般病院での受診も可能ですが、しっかりした検査は行われないため、本格的に治療に取り組みたいのであれば、専門病院がお勧めです。

治療は、基本的には内服薬であるプロペシアの処方と、外用薬であるミノキシジルの処方です。

その効果には個人差はありますが、薄毛の進行が止まったり、さらには、新しく発毛が起こったりします。

ただし、壮年性脱毛症の治療は、健康保険の適用除外ですので治療費や薬代が高額になります。

のため、海外の安い薬を個人輸入して利用している人も多いようですが、副作用が伴いますので、自己責任で行う必要がありますので、出来れば、医師に処方してもらった薬を飲んだ方が無難です。

「チャップアップ」は【満足度97%】の濃密育毛剤です。

広告