カテゴリー別アーカイブ: 生活

リハビリ靴・介護靴の選び方

一口に、リハビリ靴・介護靴といっても、その種類は実に豊富で、しかも、用途によって細かく分かれております。このため、初めての方は、こんなに種類あるの~と驚き、選ぶのに迷ってしまいます。

そこで、最適なリハビリ靴を選ぶにあたっては、まず第一に「いつどこで履く靴」なのかを考えてみましょう。

もし、貴方が入院な゛としていて院内で使うなら、綿やレーヨンの柔らかい靴が適しています。

また、高齢者の方で、普段の散歩で使いたいなら、外出用で皮革が柔らかい屋外シューズがいいでしょう。

次にポイントとなるのは、「履きやすさと脱ぎやすさ」です。リハビリ用として作られた靴は、当然のことながら、この点を工夫しておりますが、開口部分が広い、あるいは、よく広がる靴の方が楽だと思います。

また、サイズが合っており、しかも、履き心地が良いものがベストです。履いてみて、痛くないかなどの感覚を聞きながら、確認しながら選びたいものです。

長く履く方は、ベルトや紐などで調節機能がついているシューズだと便利でしょう。

介護靴の良し悪しは、リハビリの進み具合に影響することもありますので、ピッタリくるリハビリ靴を探しましょう。

リハビリ靴、介護靴、ケアシューズなら「あゆみ」でお求め♪

広告

下着の正しい洗濯法

下着を洗う間には、まず、絵表示をチェックしょう。下着には必ず、扱い方を示したタグが付いています。このため、どんな洗い方・絞り方・干し方が適しているのか必ずチェックしましょう。

また、どんなものにも寿命があります。下着も、着用中にほころびているかもしれません。ほつれたまま洗濯すると、さらにほつれが大きくなります。このため、選択前には必ず点検し、ほころびやほつれを修理してから洗濯しましょう。

洗濯をする際は、色物や素材を分けてしましょう。濃い色のものは、染料の性質上、最初の2~3回の 洗濯時までは若干、色が落ちることがあります。また、白ものに含まれる蛍光剤が、他のものに付着する場合がありますので注意が必要です。

下着を着用した後は、なるべく早く洗濯をしましょう。長時間そのままにしておくと、カビの原因にもなります。

その際、シルクやウール、特に大切にしているランジェリーなどは中性洗剤を使用します。

酵素入り洗剤は、シルクやウールのタンパク質系繊維を傷めてしまうので絶対に避けましょう。

綿、麻、合繊の下着は弱アルカリ性の洗剤で洗います。しかし、弱アルカリ性洗剤の多くは蛍光剤が入っていますので、色のついている下着を うっかり蛍光剤入りで洗うと、色合いが変わってしまいます。必ず蛍光剤が入っていない洗剤をご使用しましょう。

ショーツのクロッチ部分やソックスのかかと・インナーの首回りなど、汚れのひどいところは、前もって手洗いしておくと汚れがよく落ち生地の傷みが少なくなります。

洗剤は完全に溶かしてから洗濯物を入れましょう。洗濯物の上から洗剤をふりかけたりすると、蛍光剤が部分的に付着して、変色の原因になりかねません。

かわいい激安下着なら「三恵」