カテゴリー別アーカイブ: 就職

介護福祉士の転職

介護福祉士は転職が多い仕事と言われています。その理由にはいくつかの点が挙げられます。
介護報酬が低いため生活苦から転職するケース。人手不足のため激務になってしまい、それに耐えられず離職するケース。ケアマネージャーなど他の資格を取得してキャリアアップを目指すケースなどがあります。
介護福祉士が転職をするうえで、どういった備えが必要になるのでしょうか。まず大切なのは職場の種類です。
介護福祉士の職場に関しては、介護老人福祉施設、介護老人保健施設、有料老人ホームなどの利用者が入所する形でサービスを提供するタイプと、デイケアや訪問入浴など在宅介護の人にサービスを提供するタイプに分けられます。
介護サービスを受ける人が入所しているかどうかは、介護福祉士の就業環境に大きく関わってきます。入所している場合には夜勤が伴うからです。
人手不足の場合は、連日のように夜勤を強いられたり、一人で施設全体の責任を負わなければならなくなることもあります。このため、転職にあたっては、夜勤があるかどうか、またスタッフがどれだけ確保できているかをチェックすることが、なによりも大切です。いくらやる気に溢れていても、心身消耗が激しい職場は長続きしないものです。
次に、どんな仕事でも一定期間同じ職場で働き続けたキャリアが求められます。短期間のうちに職場を転々としているようでは「長続きしない人材」と評価されてしまいます。最低でも半年、できれば一年以上は続けることが大事です。
そのためには、我慢するだけはなく、長く続けられる職場を見つけることもポイントです。
このように、介護福祉士の転職はいかに働きやすい、無理なく続けられる職場を見つけることが最大のポイントとなってきます。収入はその次に考えるべきポイントといってもよいでしょう。

「MC介護のお仕事」は就職お祝い金付き♪

広告

看護師求人サイトの種類

求人サイトを利用することによって、日本中の求人情報を集めて、いつでも手軽に求人を探すことができます。また、ハローワークや通常の求人サイトでは見つからない求人も、専門求人サイトでなら見つけることができるのです。

しかも、看護士求人専門のサイトですので、スタッフも知識の豊富なプロばかりになるため、自分にはどういった職場が向いているのかを一緒に考えたり、就職活動を行う際に不安な点やわからない事を相談したりと、新しい転職先が決まるまでさまざまな面で専門スタッフがサポートをしてくれます。

忙しい仕事の合間を縫って就職活動をしなければいけない看護士にとって、これは大きなメリットになります。

また、自分の希望に合った職場を数多くある求人の中から絞込み、探す手間が省けるのも求人サイトのメリットになります。

■直接応募制

利用者自身が求人サイトに掲載されている応募フォームなどを使って直接応募するシステムを採用しているサイトです。自分で各求人を検討し、これだと思ったものへ応募する事ができます。これらのサイトでは、パート求人が多く掲載される傾向があります。

■エージェント制

職業の紹介や、相談、アドバイスなどをメインに行っている求人サイトです。各地域にその地域の求人状況などを熟知したエージェントを配置することで、掲載されている募集記事だけでは把握することの難しい職場の雰囲気、環境、従業員の人柄などを相談し、教えてもらうことができるというのが大きなメリットとなります。

また、相談する相手ができることにより、自分1人で探すよりも選択の幅が広がるなどの効果も期待できます。

エージェント制の求人サイトには常勤の求人が掲載されることが多い傾向があります。

「ナースパワー人材センター」