カテゴリー別アーカイブ: 健康

食事療法でメタボ対策

朝早いので、朝食は食べずに家を出る。仕事が忙しい時は、ついつい早食いになってしまう。独身、単身赴任なので、コンビニ弁当や外食に頼ってしまう。

食事は、人間が生きていく為には欠かせないものですが、早食いや栄養が偏った食生活をしていると、メタボリックシンドロームになりやすい傾向があります。

早食いが悪いのは、ついつい食べ過ぎてしまい、これによって、メタボリックになる確立が高くなるからです。

空腹を感じるのは脳の満腹中枢で、腹が減ったと感じるのはここからの指令によるものですが、この満腹中枢は、食事をしても約30分~50分程度時間が経過しないと働かないため、早食いをすると、満腹感を得られる前に食べ過ぎてしまい、これが、メタボに繋がるのです。

これを避けるためには、よく噛んでゆっくり食事することを心がけることによって、満腹中枢が満腹感を感じる時間的余裕をあたえることが大切なのです。

また、決められた時間に朝、昼、晩とバランスのよい食事を適量食べましょう。その際、カロリーの高いもの、油分や塩分が多く含まれていないものを食べ、野菜と果物はいつもより多めに食べるようにします。

質素な食生活と適度な有酸素運動(ウォーキング、水中ウォーキング、水泳、ヨガなど)によって内臓脂肪が減り、メタボリックが解消されるのです。

超高圧炊飯器【なでしこ健康生活】販売累計台数5万台突破の発芽玄米炊飯器

子供の足の特徴

子供の足の状態や歩き方は、成長に伴ってどんどん変わっていきます。足の幅や形も、それに合わせて変わっていきますので、成長に合わせた靴選びが大切です。
子どもの成長によって変わる足の特徴としては、まず、人の足は26の骨からできております。生まれてすぐの赤ちゃんの足は、まだ配列ができているだけで、実はやわらかい軟骨状態なのです。
3~4歳頃になると、かかとの骨も作られ、土踏まずが発達していきます。さらに、子どもの足は1年に1cm程成長しますが、3歳位までは神経も未発達なので、痛いとかきついとかも、自分では良くわかりません。
そのため、3ヶ月に一度位は足に合っているかどうかチェックしてあげることが大切です。
特に、7歳頃までは骨の形成には非常に大切な時期なので、しっかりと大人が確認してあげましょう。7歳以降も12歳頃までは不安定なので、しっかりした靴を選ばないと骨はゆがんだまま育ちます。このため、12歳までは、大人がしっかりチェックして、靴を選んであげましょう。

子供用品&子役オーディション情報館

浄水器のランニングコストについて

浄水器を効果的に使用する為には、カートリッジの交換が必要となります。飲料水や調理に使用する水を含め1人1日当たり約3リットル。4人家族であれば1日あたり約12リットルの水が必要です。
家族構成4人をモデルとすると、1年で約4500リットルほどの浄化水が必要となります。
これをもとに、1年の中でカートリッジを何回交換して、どのくらいの維持費用がかかるかを計算することも大切です。
現在市販されている浄水器のほとんどは、活性炭による臭気成分、トリハロメタン、農薬などの吸着除去と、膜ろ過による微生物除去の除去が行われますので、ろ過能力の限界前にカートリッジ(浄化媒体)の交換が必要です。
蛇口先に取り付ける簡易式の浄水器やポット型の浄水器では、最初に製品を購入する場合1万円ほどで購入できますが、早いタイミングでカートリッジ交換が必要となるので、長期に浄水の水を飲みたい場合には割高になります。
浄水器によっては、1週間に1回熱湯でカートリッジを洗浄する製品もありますが、7年使用後には、カートリッジ交換が必要となり6~7万円ほどの費用がかかります。
洗浄をすることにより浄水能力が100%回復するわけではありませんし、洗浄作業の手間・消費エネルギー(電気代・ガス代・水道代)も考慮して選んだ方が良いと思います。

「ソリューヴ」は【セントラル方式】の浄水器です。

リハビリ靴・介護靴の選び方

一口に、リハビリ靴・介護靴といっても、その種類は実に豊富で、しかも、用途によって細かく分かれております。このため、初めての方は、こんなに種類あるの~と驚き、選ぶのに迷ってしまいます。
そこで、最適なリハビリ靴を選ぶにあたっては、まず第一に「いつどこで履く靴」なのかを考えてみましょう。
もし、貴方が入院な゛としていて院内で使うなら、綿やレーヨンの柔らかい靴が適しています。
また、高齢者の方で、普段の散歩で使いたいなら、外出用で皮革が柔らかい屋外シューズがいいでしょう。
次にポイントとなるのは、「履きやすさと脱ぎやすさ」です。リハビリ用として作られた靴は、当然のことながら、この点を工夫しておりますが、開口部分が広い、あるいは、よく広がる靴の方が楽だと思います。
また、サイズが合っており、しかも、履き心地が良いものがベストです。履いてみて、痛くないかなどの感覚を聞きながら、確認しながら選びたいものです。
長く履く方は、ベルトや紐などで調節機能がついているシューズだと便利でしょう。
介護靴の良し悪しは、リハビリの進み具合に影響することもありますので、ピッタリくるリハビリ靴を探しましょう。

リハビリ靴、介護靴、ケアシューズなら「あゆみ」でお求め♪

脂肪肝の原因

脂肪肝は、主に30歳~40歳の方を中心に増えてきています。脂肪肝とは肝臓に中 性脂肪やコレステロールが溜まりすぎて起こる肝臓に肥満の事です。
そして、脂肪肝は様々な生活習慣病の引き金にもなりうる危険な肝臓の病気なので十分な注意が必要です。
脂肪肝の主な原因は、一言でいうと、食べ過ぎ、飲み過ぎです。食事で摂取された糖分や脂肪分はまず肝臓に送られます。そこから体全体に栄養分として送られていくのですが、この糖分や脂肪分が食べ過ぎや飲み過ぎによって、肝臓で処理できなくなり、それが結果的に、肝臓自体が肥満症になってしまう状態になります。つまり、肝臓自体に中性脂肪がたまっている状態です。その主な原因としては、
■肥満:食べ過ぎや飲み過ぎにより肝臓に脂肪が蓄積されてしまいます。
■アルコール:アルコールが脂肪酸になり肝臓に蓄積されてしまいます。
■糖尿病:代謝異常により起こります
■薬:ステロイド剤などが原因で引き起こります。
また、脂肪肝は肝硬変の原因にもなりますので注意が必要です。

肝パワーEプラスは、【肝臓や血圧】の不安を解消する肝臓サプリです。

女性に便秘が多いのはナゼ?

便秘は、2人に1人は悩んでいるといわれ、特に女性は50%以上が悩んだことがあるといわれております。このように、一般的に便秘は女性に多いと言われていますが、その理由として考えられるのが、
■食事制限(不適切なダイエット)で便の量そのものが少なく、腸の運動も慢性的に低下してしまう。
■女性ホルモンの作用(水分貯留)のため、排便のための水分が不足
■(妊娠中)女性ホルモンの作用で排便のための肛門括約筋(かつやくきん)が収縮して排便しづらくなる
■便意を我慢することで、排便のための体の反応が低下する
まず、便秘予防のためには、便の量・嵩(かさ)を増す作用のある食物繊維の摂取が必要ですが、便意を催したとしても、そこで我慢をしてしまうと排便する力が次第に失われるようになってしまいます。
こうしたことを繰り返すと更に便秘が悪化、また食物繊維が必要になるという悪循環に陥ってしまうこともあるようです。便秘防止のための基本は、便意を我慢しないことなのです

「薬治おなか端麗」は自然にもよおす無痛排便で便秘改善♪

便秘解消の主役「酵素」

食べたものを分解・吸収する胃腸の働きには、酵素が不可欠ですが、元々体に備わっている消化酵素や代謝酵素。そして、発酵食品や生の果物や野菜、魚などに含まれる食物酵素などを上手に活用すると、腸の働きをさらにスムーズにすることが出来ます。
口の中の唾液から出る、デンプンを分解する酵素のアミラーゼ。胃の中ではき、わめて強い酸の胃酸の中でも活躍するタンパク質分解酵素のペプシン。小腸の中で栄養を吸収するために働く酵素、マルターゼやフルクターゼなど、数多くの消化酵素がスムーズに働いているからこそ、美味しく食べられて、スッキリとトイレも出来るのです。
では、体内の酵素により良く働いてもらうにはどうすればいいのでしょうか?
■発酵食品や生野菜、魚の刺身を食べましょう。これらには、食物酵素が含まれている、口の中に入ると自分自身をある程度消化していまいます。中にはパイナップルのように、一緒に食べた焼き肉などの動物性タンパク質を消化する酵素を持ったものもあります。
その分、体内の消化酵素に余裕が出来ますので、ある程度の量を食べても消化不良になって腸が渋滞することがありません。
■唯一自分でコントロールできる消化器官「口」でアゴと歯を動かして良く噛んで食べる。口の中で予備消化が十分に出来ていれば、最後の大腸に行き着くまでに大半が消化され、渋滞することなく外へと出て行きます。

フジッコ「善玉菌のチカラ」は【カスピ海ヨーグルト】の生きた乳酸菌で毎朝スッキリ♪