元彼とよりを戻して復縁したいなら

もしあなたが、別れた彼のことが忘れることができず、出来ることなりよりを戻して復縁したと願うなら、それがどのような別れ方であっても、しばらくは、連絡を取らない冷却期間を置くことが大切です。

必要な冷却期間は、彼と付き合っていた期間によって違いますが、もし、頻繁に会っていたのであれば冷却期間は短く、頻度が高くなかったのであれば、少し長めに設定すると酔いで省。重要なことは、元彼に違和感を与えることです。

元彼の方は、もう別れたのだから連絡は無いだろうと諦める一方で、あれだけ付き合ってきたのだから、少しは気にかけて、連絡くらいしてもよさそうなものだがと、多少の未練が残っているものです。

このため、早く連絡をとると、「やっぱり」となって元彼の方が優位な立場に立ってしまいます。かといって、あまり長く音信不通にしていると、ついには忘れられてしまい、別の女性を探し始めることでしょう。

そうなったら、もう復縁は無理になってしまいますので、冷却期間は、元彼に忘れられてしまう直前に行うのがグッドタイミングになります。

また、連絡を復活しても、しばらくは、表面的な接触に留め、深入りはしないことです。元カノから連絡が来ただけで、元彼の自尊心は満たされ、2人の関係はグッと友好的になるからです。

ただし、「何をしていたか」とか、「他の女性と付き合っていたか」などの質問は禁物です。元彼が、別の女性と接しても自分は構わないと、距離をとったスタンスを保つことが大切です。

そして、深入りをしないようにしながら、少しずつ接近して行くことです。過剰に誘うと相手は引いてしまいます。

余り追いかけない、追いかけていても相手にそれを悟られない、この駆け引きが復縁を成功させるコツなのです。

【離婚・復縁・浮気】をまあるく収めるマニュアル

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中