女性に便秘が多いのはナゼ?

便秘は、2人に1人は悩んでいるといわれ、特に女性は50%以上が悩んだことがあるといわれております。このように、一般的に便秘は女性に多いと言われていますが、その理由として考えられるのが、
■食事制限(不適切なダイエット)で便の量そのものが少なく、腸の運動も慢性的に低下してしまう。
■女性ホルモンの作用(水分貯留)のため、排便のための水分が不足
■(妊娠中)女性ホルモンの作用で排便のための肛門括約筋(かつやくきん)が収縮して排便しづらくなる
■便意を我慢することで、排便のための体の反応が低下する
まず、便秘予防のためには、便の量・嵩(かさ)を増す作用のある食物繊維の摂取が必要ですが、便意を催したとしても、そこで我慢をしてしまうと排便する力が次第に失われるようになってしまいます。
こうしたことを繰り返すと更に便秘が悪化、また食物繊維が必要になるという悪循環に陥ってしまうこともあるようです。便秘防止のための基本は、便意を我慢しないことなのです

「薬治おなか端麗」は自然にもよおす無痛排便で便秘改善♪

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中