脂肪肝の原因

脂肪肝は、主に30歳~40歳の方を中心に増えてきています。脂肪肝とは肝臓に中 性脂肪やコレステロールが溜まりすぎて起こる肝臓に肥満の事です。
そして、脂肪肝は様々な生活習慣病の引き金にもなりうる危険な肝臓の病気なので十分な注意が必要です。
脂肪肝の主な原因は、一言でいうと、食べ過ぎ、飲み過ぎです。食事で摂取された糖分や脂肪分はまず肝臓に送られます。そこから体全体に栄養分として送られていくのですが、この糖分や脂肪分が食べ過ぎや飲み過ぎによって、肝臓で処理できなくなり、それが結果的に、肝臓自体が肥満症になってしまう状態になります。つまり、肝臓自体に中性脂肪がたまっている状態です。その主な原因としては、
■肥満:食べ過ぎや飲み過ぎにより肝臓に脂肪が蓄積されてしまいます。
■アルコール:アルコールが脂肪酸になり肝臓に蓄積されてしまいます。
■糖尿病:代謝異常により起こります
■薬:ステロイド剤などが原因で引き起こります。
また、脂肪肝は肝硬変の原因にもなりますので注意が必要です。

肝パワーEプラスは、【肝臓や血圧】の不安を解消する肝臓サプリです。

広告

香醋と黒酢との違いは?

「香醋」と「黒酢」では、成分や効果に関してはそれほど大きく変わらず、どちらも褐色をしているお酢です。また、いずれにも、アンチエイジングや体力保持には優れた効果があります。
ただ、その生産のやり方には若干の違いがあります。まず、元となる材料ですが、「香醋」ではもち米を使用し、「黒酢」では玄米が中心です。
日本の黒酢はJAS(日本食品規格)の基準を満たしている事が条件となりますが、中国を中心に生産されている香醋の場合はこの基準を厳守する規定はありません。
次に製法ですが、「香醋」は、もち米から酒を仕込んでもみ殻を加えて発酵させます。あとは酢が出来るまで職人がつきっきりで手を加えながら酒造するわけです。
「黒酢」の場合は、長年の月日をかけて製造する方法をとっていても、壷に材料と菌・水を仕込んだ後は手を加えずに放置して自然発酵させます。
一般的にはもち米を原料にしている香醋の方が、アミノ酸は多く含まれていると言われています。これは、黒酢の液体発酵と違い、香醋は発酵期間が長い固形発酵のためです。
しかし、この場合でも黒酢の製品により変わるため、国産の黒酢には香醋同様のアミノ酸を含む製品も多くなっております。

「やわた」の【黒香醋にんにく&黒香醋しょうが】

女性に便秘が多いのはナゼ?

便秘は、2人に1人は悩んでいるといわれ、特に女性は50%以上が悩んだことがあるといわれております。このように、一般的に便秘は女性に多いと言われていますが、その理由として考えられるのが、
■食事制限(不適切なダイエット)で便の量そのものが少なく、腸の運動も慢性的に低下してしまう。
■女性ホルモンの作用(水分貯留)のため、排便のための水分が不足
■(妊娠中)女性ホルモンの作用で排便のための肛門括約筋(かつやくきん)が収縮して排便しづらくなる
■便意を我慢することで、排便のための体の反応が低下する
まず、便秘予防のためには、便の量・嵩(かさ)を増す作用のある食物繊維の摂取が必要ですが、便意を催したとしても、そこで我慢をしてしまうと排便する力が次第に失われるようになってしまいます。
こうしたことを繰り返すと更に便秘が悪化、また食物繊維が必要になるという悪循環に陥ってしまうこともあるようです。便秘防止のための基本は、便意を我慢しないことなのです

「薬治おなか端麗」は自然にもよおす無痛排便で便秘改善♪

便秘解消の主役「酵素」

食べたものを分解・吸収する胃腸の働きには、酵素が不可欠ですが、元々体に備わっている消化酵素や代謝酵素。そして、発酵食品や生の果物や野菜、魚などに含まれる食物酵素などを上手に活用すると、腸の働きをさらにスムーズにすることが出来ます。
口の中の唾液から出る、デンプンを分解する酵素のアミラーゼ。胃の中ではき、わめて強い酸の胃酸の中でも活躍するタンパク質分解酵素のペプシン。小腸の中で栄養を吸収するために働く酵素、マルターゼやフルクターゼなど、数多くの消化酵素がスムーズに働いているからこそ、美味しく食べられて、スッキリとトイレも出来るのです。
では、体内の酵素により良く働いてもらうにはどうすればいいのでしょうか?
■発酵食品や生野菜、魚の刺身を食べましょう。これらには、食物酵素が含まれている、口の中に入ると自分自身をある程度消化していまいます。中にはパイナップルのように、一緒に食べた焼き肉などの動物性タンパク質を消化する酵素を持ったものもあります。
その分、体内の消化酵素に余裕が出来ますので、ある程度の量を食べても消化不良になって腸が渋滞することがありません。
■唯一自分でコントロールできる消化器官「口」でアゴと歯を動かして良く噛んで食べる。口の中で予備消化が十分に出来ていれば、最後の大腸に行き着くまでに大半が消化され、渋滞することなく外へと出て行きます。

フジッコ「善玉菌のチカラ」は【カスピ海ヨーグルト】の生きた乳酸菌で毎朝スッキリ♪

審美歯科で歯並びを美しくしたい

審美歯科で歯並びを美しくしたい
前歯がデコボコして見た目に良くない。特に、女性にとって、歯並びが悪いのは深刻な問題ですよね。そこで、オススメの治療法をご紹介。
■セラミック治療
短期間で歯並びを整えたい場合は、セラミック治療が適しています。自分の歯を削り、セラミック製のクラウン(冠)をかぶせることで歯の大きさや形を整えます。
歯並びを整えるだけでなく、歯のお色も調整することが出来るので芸能人などを始め、この治療法を選択する人が多いようです。
なお、治療は麻酔をかけて行いますので、矯正治療のような痛みはなく、通常は数回の通院で治療が完了します。
■矯正治療
矯正治療は、自分の歯を削りたくないという人に適しています。装置をつけて少しずつ歯を動かし、時間をかけて歯並びを整えます。近年では金属などの目立つ器具を装着しなくても、ホワイトワイヤーを使用したり裏側から矯正をしたりすることも可能です。
装着期間中はすき間に食べカスなどが入り込み、虫歯になりやすい状態になっていますので、きちんとケアを行うことが大切です。

審美歯科「ホワイトニング東京」

体験エステの使い方

エステサロンで、夏が来る前に無駄毛を処理したい、顔を小顔にしたいなど、と考える人は多いですよね。
しかし、エステサロンを選ぶと言っても、いきなり選ぶわけにはいきません。そんな時にススメなのが体験プログラムです。しかも、殆どが格安で体験できます。まず色々なエステを体験して、それから選んでも遅くはありません。
しかし、ここで注意が必要なのは、エステの体験プログラムで受けられる施術は、それぞれのエステのキャンペーン内容などによって異なるということです。
格安の体験エステプログラムだと言っても、各エステサロンによって施術のクオリティーに違いがあります。いくら格安とはいえ、クオリティーの高い体験を誰もがしたいと思いますよね?
体験エステプログラムの施術箇所は、フェイシャルや小顔、アンチエイジング(若返り)などの顔のエステが主流のようです。他にはウエストや二の腕、太ももやお尻のシェイプアップなどの身体の体験エステもあります。
痩身が目的でエステに通うのなら、30回分の痩身コースにいきなり申し込むのは抵抗がある方もいるでしょう。自分に合うエステサロンなのかを確認するために、体験エステプログラムを一度試してみてから回数の多いコースに申し込む方法をおすすめします。

ラ・パルレの【フェイシャルエステ&ボディケア】で美脚・美顔をゲット!!

美容外科って何をするの

最近は「美容外科」の名前を聞く機会も多くなり、以前ほど「美容外科」の敷居が高いものでは無くなってきております。しかし、具体的にどんな施術を行っているかを良く知らないと言う人も意外と多いようです。
美容外科とは、一言でいえば、「外見を整えるための施術」を行う所で、人を美しくするために様々な施術を行うものです。
例えば、「鼻を高くしたい」と考えている人の鼻を高くしたり、「ウエストを細くしたい」と考えている人のお腹から脂肪吸引をしたりと、あらゆる方法でその人を美しくし用と言うものです。
また、事故などで外見に大きな損傷を負った場合には、元の姿を取り戻す為の施術も行います。
なんらかのトラブルに巻き込まれて、ダメージを受けて傷になってしまった部位を、再び美しくするのも美容外科の大切な仕事なのです。
事故などで顔に傷が残ったりしてしまうと、どうしても精神的に深いダメージを負うことになり、その結果心の病を患う様になってしまう人もいます。美容外科は、外見を美しくすることで人を悩みや苦しみから解放し、もとの明るい生活に戻ると言う役目も担っているのです。
美容外科と言うとどうしても「メスを使って顔を変える」と言うイメージが強くなってしまいますが、最近は「ヒアルロン酸注射」など「注射で一時的に形を整えるもの」も出てきていますし、メスを使わずに手術をすることができる「プチ整形」もメジャーになってきています。その為、美容整形に通う女性もかなり増えてきております。

「東京メンズサポートクリニック」